ウォーキングやサイクリングで解消!

どのような効果が得られるのか

ストレスを解消するためには、適度な運動が必要になります。特に、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動がストレス解消に向いています。なぜ運動すればストレスが解消するのかというと、神経伝達物質が分泌されるためです。運動をすることで脳が活性化して、心を安定させる効果をもたらすセロトニンと呼ばれる神経伝達物質がどんどん増えていきます。セロトニンの分泌量が増えれば増えるほど、心が穏やかになり爽快感も味わえるのです。また、ストレスそのものへの耐性をつけることもできます。

さらに、運動によって睡眠の質を向上することも可能です。ストレスを抱えすぎると常に興奮した状態になって眠れない、あるいは起きていられないほど眠いといった極端な睡眠になりがちです。運動をすれば寝つきが良くなって深く眠ることができます。

ウォーキングやサイクリングを行う際の注意点とポイント

いずれもやりすぎには注意しましょう。激しい運動をすると必要以上に疲れてしまい、リフレッシュできなくなるためです。軽い運動だけで十分効果を得られるため、ほどほどに行いましょう。ストレスを解消するために必要な運動時間は、1日20分程度です。物足りない人や体力をつけたい場合は、1日30分~1時間程度が目安となります。また、それぞれのやり方についてもしっかりと覚えておきましょう。ウォーキングは、姿勢を正して歩幅を大きくすることがポイントです。また、ウォーキングを行う前後に軽くストレッチを行いましょう。

サイクリングは、自分に合った自転車と服装を選ぶことから始めます。慣れていないうちは、往復しても疲れない程度の距離を走行しましょう。